世界一シンプルなカスタマージャーニーマップとは?

カスタマジャーニーマップの作成コツ

画像の説明
 ①ペルソナ(理想・仮想のユーザー)を設定する。
 ②そのペルソナの行動を時系列に描き、そのときの感情状態を把握。
  その行動をするときの気持ちは、+か−かを表記すること。
 ③そこに、自分たちのソリューションとの接点を想定してみて、
  有効性があるかどうかを評価してみる。
 ④有効性が足りないと判断した場合は、デザイン思考に重要な
 「収束と拡散」の考え方に基づき、拡散(新たな課題、アイディア
  出し)に戻って考えてみる。
 

収束と拡散のイメージ

 アイディアや考え方を練っていくときに重要なステップの1つ。広く考えてみる「拡散」と、仮説などを通した絞り込み「収束」という2つのステップを繰り返していくことで、よりクオリティの高い案に仕上がります。
画像の説明